ハンドエングレービングを 
ご存知ですか?      


パーソナルなモノグラムやマークなどをジュエリーやメタルアイテムに手彫りで彫り込んでいく技術です。

イギリス発祥の、このハンドエングレービング技術。
アンティークのブライダルジュエリーやチャームなどでは、必ずと言っていいほど使われる技法でしたが、今では機械彫り(レーザーマーキング)が主流になり、ハンドエングレービングが施されたアイテムには、あまりお目にかかれなくなりました。

1点づつエングレーバー(職人)の手によってデザインされ、彫られる文字や装飾は、機械彫りでは表現出来ない、奥行きとストーリーが感じられます。



レーザーマーキングでは、デザインデータから忠実に繊細な彫りが実現できる一方で、彫りの深さが手彫りと比べると浅いので、長年の使用で擦れてきてしまうこともあります。リングの内側へのマーキングなどは、リング表面に対して擦れることは少ないので、細かな文字を正確に彫り込める手法としてとても有効です。



それに対して、手彫りの魅力は、彫りに深さと強弱があり、凹凸の有る立体感と、カット面がキラリと光る美しさが魅力です。
そして何よりも、職人の手で一彫りづつ彫りすすめていく工程から出来上がるものは、2つと同じものが出来無い事があげられます。


こうして想いを彫り込んだジュエリーは、
いつかアンティークと呼ばれる時期までも残るお品になります。

ぜひ、いつまでも形に残る、
大切な「想い」を刻んでみませんか。